« 闘病観察日記 その9 と ドイツ旅行が決まるまで | トップページ | ドイツ旅行記 その1(写真編) »

ドイツ旅行記 その1

2週間前に慌ただしく決まった娘と私のドイツ旅行coldsweats01

娘の希望は「きれいな所を沢山見たいlovely」という、実にアバウトな話でしたが、言いたいことはわかりますcoldsweats01

Img_20141027_165410

いずれ、出発までに時間的&精神的余裕がなかった為、予定はbullettrainや前泊のhotelで考えよう!という、実に行き当たりばったりのドイツ行きとなりましたcoldsweats01Img_20141027_165434

27日、仕事を終え夕方の新幹線で東京へ。品川で前泊です。久々の上京ですが、時間的に余裕がない為駅弁&エビスbeer

Img_20141027_203031

とはいえ、ホテルに着いてから一杯beerbottleだけ飲みに行ったりして(笑)

 



28
日、羽田で早目にお蕎麦か何かをたべよ~と、朝食を食べずにホテルを出発。羽田着915

うん、余裕~happy01と思いながらairplaneチェックインをしようとすると・・・「申し訳ございませんが、出発が2時間ほど遅れますので、チェックインが930からになります」とのこと。なんと~!なら前泊はいらなかったよ~bearing


・・・思えば、この旅の始まりが「ある出来事」への序章だったかも・・・と今になると思ったりしますが、まぁそれは後でのことcoldsweats01
 

というわけで、なぬ~、と思いつつ、ユーロ両替の為銀行の窓口の列に並び両替。今回とりあえず1000ユーロを15万円弱で交換。ドルに比べて、ユーロは高いな~yenという印象でした。

その後、10時開店のお店でお蕎麦とビールcoldsweats01風邪をひいていたため、のど飴や風邪薬を購入、12時間のフライトに備えます。

ヨーロッパへの旅行は、この長時間のairplaneがこれまでネックだったのですが、小柄coldsweats01な私達母娘にはエコノミーの席もさほど気にならず(プレミアム席にしようと思ったのだけど、2人で20UPと言われやめました)、新作映画を見ながらの飛行は快適で、案外「短いな」と思いながらフランクフルト空港へ到着confident

Img_20141028_183308_2


空港は都会的できれい。地下鉄でフランクフルト中央駅まで移動。

10月末のドイツの空は既に暗く、駅からすぐのホテルへの道なのに、なんという名前の道路なんか判別するのに若干手間取りましたが、友達から借りたi-Padを活用して道を判別!ル・メリディアン・パークホテルへ19時頃到着しました。

ちなみに今回は、鉄道利用&小さな女子smileだけ、ということを勘案して、なるべく駅に近く、安全安心なホテルを選定してもらいましたが、もし次回行くならwもう少しお安い所でもいいのかなぁなんて思いましたwink

Img_20141028_190207

部屋に入り、翌日のクロンベルグに行く1泊分の荷物を小さなスーツケースに詰め込む作業だけして、20時近いですがここから根性でビールの飲みにレストランへ向かいます(笑)

Img_20141028_194605

地図で見ると、ホテルからさほど遠くないので、長時間の飛行で固まった足をほぐすためにも、歩きで移動。マイン川沿いの夜景を見ながら、目的地まで15分~20分くらいだったかなぁ?

行ったのは「ハウス ヴェルトハイム」周囲が真っ暗で、行きたい店だったのかどうかも今一つわかりませんでした(冗談ですよ)が、ドイツでの初レストラン&初ビールの為突入です。

Img_20141028_195410

ピルスナーとヴァイツェンを注文。どちらもクルムバッハ醸造所の物かと。

お料理は、やっぱりドイツに来たら頼まないと!ということでシュバイネハクセとサラダ。

Img_20141028_200551

シュバイネハクセは、皮がパリパリで見た目より全然脂っこさ&しょっぱさがなく美味しかったので2人で完食happy02

ビールはピルスナーの方が私は好みでしたが、渡航前からの風邪(鼻セレブを持ってきた位)で全く鼻がきかなかったので感想は書けませんcoldsweats01

ちなみにここはなんと1479年創業とのこと。木組みの作りがドイツっぽいどっしり感で素敵でした。暗くて写真があまりよく見えないのでお伝えできないのが残念です。

ここのポテトはネッチリしてて美味しかった!あとはピルスナーをもう一杯飲んで、夜のレーマー広場を少し見学し、若干迷いながらもホテルへ戻りました。

ホテルはシャワーノズルもあるし、外観と比較するとモダンな部屋で(部屋によるらしい)快適でした。翌朝のケルン・クロンベルグ行きを控えていたのと、さすがに疲れで爆睡。到着時刻の割には充実した夜でした。

(続きに写真を少し載せようと思ったら、容量オーバー、写真だけ別の記事としますcoldsweats01

« 闘病観察日記 その9 と ドイツ旅行が決まるまで | トップページ | ドイツ旅行記 その1(写真編) »

コメント

>モリキチ様
総杯数ですかsign02基本グラスが大きいので、杯数はあまりいっていないかも・・・
でもいいですね~flairhappy01最終的にビールのみのまとめを作ろうと思います^^
ドイツはどこも、歩ける距離に美味しいビールが飲めるお店があちこちにある、いぃ所だと思いながら帰ってきましたよ~smile

>和久様
このビールな毎日、戻ってすぐ仕事だった私にはあまりありませんでしたが、娘には「朝からふと冷蔵庫を開けてビールを手にしたくなる」という後遺症が残りました(笑)
それにしても、娘とだからこそ可能だった行き当たりばったりの旅だったとつくづく・・・どこに行ったのか、自分でもよくわかっていないので、旅行記が書きづらいcoldsweats01sweat01sweat01
でもその分「自分達だけの旅」になったと思っていますhappy01heart04

まずはやんわり(?)スタートですね、麦酒の旅(違う?)www

次回から、2/20、みたいに、麦酒の総杯数表示をお願いします!
楽しみだなあ、続き♪

いよいよ親子旅の始まりですね。
本場で「ビールな毎日」の日々になりそうな・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 闘病観察日記 その9 と ドイツ旅行が決まるまで | トップページ | ドイツ旅行記 その1(写真編) »